読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生のスタンプラリー

人生のスタンプラリー認定協会埼玉支部

眠いから誤字には目をつぶってね

確信を持って断言する。
僕は幸せになっていい。
僕の好きな人もみんな幸せになる。

 

人生は愛と感謝以外すべて幻。
喜びがあって快感があって愛と感謝がある。ごめんじゃなくてありがとうの世界。
僕は恵まれている。人にも運にも環境にも、本当に恵まれている。
だから僕は頂いた幸せよりもっと大きな幸せを引き寄せる。幸せを引き寄せる体質になる。それをばら撒き、恩を返しまくり、恩を送りまくり、みんなにハッピーを押し付ける。目の前の利益よりも自分の「好き」の嗅覚を信じる。
誰かの弱気や悩みを打ち明けられる人になる。ボーダレスな世界で誰でも受け入れる(うつろな人間たち以外)。落ち込むくらいなら連絡がほしい。いつでも待っている。
ボーダレスに思考してボーダレスに生きる。

 

おはようといただきますとごちそうさまとありがとうとおやすみを、必ず笑顔で言う。
ネガティヴな言葉はポジティブに言い換え、ポジティブな言葉にはポジティブな言葉をさらに加えて伝える。
信じてもらえるようになるまで伝える。誠実に、思ったことを伝える。好きな人には好きと言う。それがいつか盾になることを信じて、伝える。その瞬間に思ったことを、その瞬間に伝えることに意味がある。
嘘はつけない。本心からのことしか言わない。
中性性で生きる。

 

自分が実現できている姿を具体的に想像する。自分がそれになった姿をしっかりと思い描く。
いつか僕の好きな人の役に立つため、笑ってもらうために知識を蓄える。覚える。ジャンルは雑学全般と国際と英語。今後増やす。「調べる前に聞いてみよう」と思ってもらえる上質なウォーキングディクショナリーであり続ける。
英語の練習を再開する。
僕の審美眼を信じる。
偏見をすべて捨てる。自分の頭で考える。
そしてできることをする。
文章を書く。声に出す。

 

「僕には何ができる?できることなんてほんの少しだ。
でも僕には考えることができる。
そして詞も書ける。」

 

僕にできることはなんだ。