読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生のスタンプラリー

人生のスタンプラリー認定協会埼玉支部

KUROFUNE晩餐会ネタバレメモ3/26昼

 

ドリフェス!KUROFUNE コール&レスポンスステージ ROCKな晩餐会☆

3/26 昼 @秋葉原アニオンカフェ

ドリフェスコンテンツ箱推し、とくにKUROFUNEが大好きな僕、晩餐会こと舞踏会(ステージ)ことライブ行ってきました!楽しかったーーー!!!!!ハンサムフェスティバルでKUROFUNEに一目惚れした身としては、またKUROFUNEのライブが見られる!とワクワク。

もう一度行くので(ありがてえ)全体的な感想はその後にきちんと書くとして、ひとまず本日の覚書です。パフォーマンスの楽曲は次も同じだろうからそのときにまた耳も目もかっぴらいて満喫してきてから書きますので、とりあえずトーク系と感想を。


ネタバレてんこ盛り!!!!

なのでこれから行く人は見ないほうが楽しいと思う!!!

 


****

目の前にKUROFUNE現れた瞬間「マジでいる」「最新技術やべえ」「ヒーローショーの技術が極まった版みたい(?)」と謎の感動をしながらわくわく。
途中明らかにこちらのコールのボリュームやトーンを図っているのだろうなというモーションがあって(明らかに動きが鈍くなる)、ほんとうにこちらの声や動きが反映されているんだ!と感動。リアクションを受けて動いてくれるなんてあまりにもライブで、次元の感覚を失いました。今日僕が見たKUROFUNEは実在した(?)。ジャンケンやペンライトのときは顕著でしたね。声が小さくて勇人さんに「まだいけんだろ!」と言われ、ロックバンドオタクの僕に火がついてシャウトしたのは言うまでもなく……笑  ほんとに技術がすごいし、あれをまず最初にやったのがKUROFUNEというのがありがたい!嬉しい!!!

☆他の公演とどこが違うのかは今回が初だったからわからないけれど、今日の昼の部はスタッフさんが事前に「実はまだ全公演でマイブームだけで出てない」「マイブームでは圭吾さんが勇人さんにプレゼントを用意してる」とこぼれ話。おかげでリクエストタイムのペンらは全体黄色。笑

影ナレの時点で投げキッスのリップ音をチュッ♡てさせてくるプリンスさま、強い。

☆圭吾の最近のマイブーム→ギター
K「僕はギターかな。まだ練習中だから、プリンセスに聞かせられないのが残念なのだけれど」
U「そういやンなこと言ってたな」
K「いつかスーテジでも披露できたらいいなと思っているよ(クスッ)」
U「イイじゃねえか」

☆勇人さんの最近のマイブーム→うさぎ
U「最近はウサギと遊ぶのにハマってるな。ふだんはおとなしいけどたまに遊んでやるとじゃれてくる。イカしてるだろ」
K「そういえば先日おじゃましたときもウサギと遊んでいたな。ウサギと一緒に寝てしまっていたこともあったじゃないか」
U「ああ?」
K「そんな勇人にプレゼントがあるんだ。スタッフさん!(画面にどんと可愛いウサギの写真) 僕から勇人へ可愛いウサギのプレゼントだ。よかったらこれを勇人のツイッターのヘッダーにするのはどうかな?」
U「圭吾おまえ…やるじゃねえか!!!(キラキラ・今日イチの高校生っぽいテンション)」
K「ふふ。そのうち勇人のツイッターが変わるかもしれない。その日をお楽しみにね、プリンセス♡」

※このときに、なるほどツイッターのヘッダーにするために必ず一度は黄色のトークをしないといけないという運営側の意向が今日は黄色推されたのかなと思いました。

☆血液型の話
U「ホント、すげえよな。朝起きられるところとか」
K「勇人はもっとちゃんと起きろよ…」
U「無理だろ」

☆お前らどんだけ拳ぶつけるねん、ハイタッチするねん、どんだけ視線合わすねんってツッコミ入れまくりでした。ほとんどはシナリオ上の動きだと思うのだけれど。ただ途中で(具体的なタイミング覚えてないけど)目がチラリと合った瞬間があって、もしかして今のはおふたりが素の動きとして(無意識に)視線を合わせたのかな?と思った瞬間のシンメ萌えたるや。

☆圭吾as戸谷さんは決してダンスがお得意な方ではないのにとても優雅に踊られていて、「戸谷さんめっちゃ練習したんだろうな…」っていう気持ちになりました。それでもまだアレなとこあったけど…例えば株元さんが指で軽くリズムとったりしてるときも戸谷さんは硬直だし株元さんがお顔揺らして踊ってるときもずっと正面向いて微動だにしなかったりしてて、圭吾さまへの愛おしさが。笑
まぁダンスの上手い下手はさておき(すくなくともめちゃくちゃ頑張っていただいていて嬉しかった)圭吾さまらしいダンスの必須と言える「華」「きらびやかさ」「指先のエロさ」はめっちゃ発揮されていて、ああこの人は本当に役者なんだなあと感動しました。
立ち姿も気品をとっても意識していたのだろうけれど美しく背筋が伸びていて(あと戸谷さんわりと片足重心で立つ人だけどしっかり立ったままで役者だなと)、でもどうしても腰に手を置いたり相手の顔を過剰気味に覗き込んだりする動作のクセみたいなものは戸谷さんのだなって思ってそれはそれでキュートでした。

☆株元さんは立ち方・立ち尽くし方・歩き方まで本当にあまりに一貫して勇人だったから役者ってすげえなって改めて思ったけど、頭をかいてみたり腕を組んでしまったりというちょっとした動きのクセみたいなものとかが逆に「あっ、株元さんだ!」って思わせてきたポイントでとてもときめきました。ダンスはもともとどのくらい経験があるのか存じ上げないのだけれどお上手ですごく安定していたのと、リズムをいちいち取ろうとするのがめっちゃ勇人くんっぽくて良かったな。アニメやアプリの会話のときの声とは打って変わって比較的ハイトーン(株元さんの地声寄り)で、勇人くんはライブだとこんなに楽しくテンション上がって楽しくなっちゃうのか!本当にロックライブが好きなんだな!!って微笑ましくなりました笑 ところどころ「今の声はただの株元さん!」って思ったけどそれも愛嬌♡

☆アンコール
これ個人的な感想だけど「アンコール!アンコール!」っていうのが嫌いなので、「くろふね!(ちゃちゃちゃ) くろふね!(ちゃちゃちゃ)」がしたいんだけど、アイドルとかアニメ系の人のライブって普段はどうなんだろ?次行くときはくろふね!くろふね!1人でしようと思う…笑

☆アンコールのときの圭吾くんはお手振りからのお辞儀、勇人くんはお手振り。そんな勇人くんを圭吾くんがつついてお辞儀させる、という流れがとってもよかったのだけれど、そこのときにより長い手を持て余すようにゆったり優雅にお辞儀をするプリンス圭吾くんと、キチッとした角度で腹に手を当てクイっと腰を折るイギリス紳士勇人くんのシンメ的なバランスの良さ!シンメ萌えがピークでした。そしてなによりその動作からうかがえる中の人の特徴(戸谷さんの異様な手足の長さ、株元さんの舞台でめちゃくちゃ頭下げるときのお辞儀)がよく出ててトキメキ120%。

 

☆つぎの参加は平日夜!そのまえにどなたかカフェタイムご一緒しませんか?笑