読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生のスタンプラリー

人生のスタンプラリー認定協会埼玉支部

∠THE DAY

僕、こんなにも∠RECIVERになりたい、そうでありたいと願いながら思いながら、まだその歌詞の隅々までわかっていたわけじゃなかったんだ、と、いまようやくTHE DAYをリクエステージ以来はじめて聞いて痛感している。

 

「この星の裏側でも 僕たちの足元でも

起こりうる出来事から逃げない ∠RECIVERでいたい」

 

この歌詞に、僕はきっとずっと、縛られていた。

逃げてはいけない。逃げてはいけない。立ち向かわなくてはならない。受け止めなくてはならない。目をそらしてはならない。たとえ自分が痛みを抱えることになっても、逃げてはいけないのだと。そう勘違いして、縛られていた。

 

でも、∠RECIVERは、そんなこと言ってない。

THE DAYを聞いて気づいた。

 

たとえそれが走って逃げる一歩であっても、

決意してえいやと歩む一歩であっても、

同じ「一歩」、同じ「踏み出す一歩」だ。

 

その「一歩」の動機だって大事だけれど、それよりも、「進んだ」という事実のほうがずっと大切なんだ。「踏み出した」ことに意味があるんだ。逃げたんじゃない、踏み出したんだ。

 

このろくでもない世界はなんでもアリで、

正直言って最悪なクソゲーで、

行くあてなんてわかりっこなくて、

地獄と天国のミシン目のような場所で、

だからあまりにも怖い。

それでも、風に飛んだ占いのカードをかき集めたりしない。占いなんて人に任せたものよりも、「自分が、どんな意味を持っていたとしても、一歩踏み出したこと」、それに価値があるから。

 

僕が進んだ方向が、道になる。

僕が踏み出したその一歩一歩が変える。

本当は怖いんじゃ?と聞かれたら、当然怖い。でも、進むしかない。逃げでも決意でも、進んでいることに変わりはない。

怖さをごまかすために泣き叫びながらでも、それでも進むしかない。堂々と。

追ってくる影なんて、本当はないんだ。本当はないものを、自分が怯えるあまり作り上げてしまっているだけ。

 

「起こりうる出来事から逃げない」ということは、自分を傷つけてでもその場所に意固地になることではない。考えることだ。考えることこそ、立ち向かうことだ。たとえその一歩の動機が逃げであったとしても、進み続け、考え続け、受け止める努力を重ねているかぎり、それは∠RECIVERを裏切ることには、きっとならない。

 

遠くまで逃げ出したつもりでいて いままさに走るこの道こそが まさにそうディスイズマイウェイ。

 

逃げだって、一歩だ。

自分を守るために、他人を傷つけたくない。

これをしたらきっと取り返しがつかない。

そんな予感がしたとき、「逃げのために踏み出す一歩一歩で変えていける」ことだって、きっとあるんだ。

 

救われた気持ちで、いまこの文章を書いている。

僕は∠RECIVERでいたいし、∠RECIVERになってみせる。ボーダレスに、あらゆる異文化を否定せずに、自分の思考と審美眼のみでものごとを判断する、∠RECIVERになる。

そのために、逃げが必要なときもある。それですら、肯定してくれる場所が僕にはある。