読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生のスタンプラリー

人生のスタンプラリー認定協会埼玉支部

愛と感謝と誠実さ

 

自分のツイートまとめと追加。

 

 

引き寄せの法則みたいなものなの、に挑戦している。挑戦しているというか、癖にしようとしている。
端的に言うととにかく意識して「ツイてる」「いつも恵まれてる」「これはこれでラッキー」「さすが僕」「ありがたい」ってめっちゃ呟くようにしているということ。
それだけだけど、本当に運が良くなった。気がする。まだ気がするだけだけど。
あるいは実は運そのものは変わっていなくて、そういう言葉を声に出すことが習慣になりつつあるから、自分の物の捉え方がより前向きになって、次の一歩を踏み出すことがよりスムーズになったのかもしれない。どっちだかはわからないけれど、ここで重要なのは「ツイてる」と声に出すことで自分が本当にツイていると思えるようになったということだ。
ツイてる!それから、ありがたい!この2つが大事。自分は運が良くて、周りに自分によくしてくれる人、何かを学ばせてくれる人がいる。それに対する感謝。

今は自分のこと、僕は何があっても必ずぜんぶ自分の糧にして成長できる人間だ、って信じることとその思考をクセにすることを試みています。
どういうことかというと、大事なのは「ツイてる!」「恵まれてる!」「ありがてえ」みたいなのだけじゃなくて、壁に正面衝突したりちょっと打ちひしがれたりしたときに「これはこれでラッキー」って一言を必殺で持っていることだなと思っている。ネガティヴを逆手にとって糧にするキラーワード。

「これはこれでラッキー、本番より前にハプニング起きてくれたほうが確認できる」
「これはこれでラッキー、反面教師にしよ」
「これはこれでラッキー、断捨離しよ」
「これはこれでラッキー、本読む時間できた」
とかね。何にでも使える。そうやってくとなんでも自分の糧にできる気がしている。まだ気がしているだけだけど笑、きっとこれもそのうち効果が出てくると思う。どんなことでも自分の糧にできる。するかしないかは自分で選べる。糧にするための方法はいたってシンプルだ。実践するしかない。

ていうかなによりも人生だいたいのことは「ありがてえ〜〜ありがてえ〜〜」って思えるようにできているんだなと思う。もちろん例外はあるけれど。
壁にぶつかれる環境にいられることもありがたいことだし、それを応援してくれる人がいることもありがたいこと。物事に対して喜びや嬉しさを抱けることも、好きな人がたくさんいることも。
僕は人にも環境にも恵まれているし、ツイてるなあとひしひし感じるこの頃です。自分をつくってくれた、自分をすこしでも思ってくれた全ての人に感謝したい。あなたたちのおかげで生きてます。同時に反面教師になってくれた人にも感謝したい。勉強させてくれてありがとう。好きな人みんなにも。好きって言わせてくれてありがとう。


強くて深い感謝の気持ちと、どんなことでも糧にするための思考回路。それを自分に身に付けたいと思う。
表現するのは苦手じゃないから。思ったことは言えるからね、僕は。思えさえすればいい。だから思考回路を作る。


ロマポル前後の1ヶ月で僕はほぼ別人のようになった。あくまで自分の中でって話だから比較ができないのだけれど。


他人が垂れ流している淀んだ空気は笑顔で蹴っ飛ばせばいい。切り裂いて空気を入れ替える。
ツイてる、恵まれているって自覚して感謝す流ことがとっても大事。壁だって全部「ラッキー、これを糧にしてやる」と思えばいい。
そう、自分は多分どうにかなるのだ。

変わることは怖いことじゃない。踏み出すその一歩一歩が変えていける、自分も未来も、たぶん世界も変えられる。変われやしないと諦めてしまうことのほうが、ずっと怖いと思う。だから僕は進み続ける。進む方向が逃げであったとしても、足を踏み出すことをやめたくない。やめない。

 

今日もこうやって文章が書けて幸せ。