読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生のスタンプラリー

人生のスタンプラリー認定協会埼玉支部

僕のエゴを愛すること

就職してうつ病になったところから人生ほんとうにぐるぐる変化して生きる意味も目的もなくてただ絶対に30歳まで死ぬわけにはいかないから生きていた。最近いくつかのきっかけとタイミングが重なったからうまれてはじめて自分の意思であらゆるものを、たぶん人生最大規模で断捨離しまくって、削って削ってそして残るものはなんだ?って思ったら∠RECEIVERだった。∠RECEIVERになりたい絶対に。∠RECEIVERになって、そのうえでGood luck to youな人生をみんなに見せつけて生きて僕の好きな人が全員幸せになる呪いを完璧にかけてから死ぬ、そのために生まれ持った声と言葉をもっと磨いて使ってやるんだって決意した。この道を行こう、この道を開拓してやるんだって腹をくくった。だからそれを文章にして、文章削いで、つきつめて、自分で読んで泣いてしまうくらいの文章にした。 ( http://bookmarker35.hatenablog.com/entry/2016/09/01/005212 )

それを持ってポルノに会いに行った。そしたら「深い森に分け入るよりも危険な香りのTHE WAY」には「幾千の罠」があるけど、でも「その先で待つ人のために足を踏み出す」ことをしろって言ってくれた。足を踏み出すことが僕にはできるとポルノが信じてくれているから、そう言ってもらえたんだと思った。そして「君のTHE WAY」を進めと言ってくれた。ここまできて進まない理由がある?ないよね。

やっと定まった僕のTHE WAYは、今回のロマンスポルノで完全に僕のものになった。まだまだ愚かで小さいけど、それでも旅人である僕が鐘の音を鳴らして一歩を踏み出した。
これで僕はやっと自分で自分を少しだけ認められたし自分は幸せになるんだって信じられた。このタイミングが運命じゃないというのなら、これは必然で、僕は今回のロマポルで1段階も2段階もの自分自身のアップデートをするために、楽しいことも悲しいことも病気のことともずっとなんとか這いずって向き合ってきたんだ、って。あの僕の運命の日である2011.09.10に∠RECEIVERに出会えたのはこのためだったんだって確信できた。
なってやる。体現してやる。∠RECEIVERでGood luck to youな中性野郎になって好きな人を守る盾を作って死んでやる。これは僕のエゴだけど、僕は僕のエゴを愛していいのだし、そのエゴゆえに必ず幸せになるんだ。僕だって幸せになっていいんだよ!僕はこのTHE WAYのうえで必ず幸福を掴み取ってみせる。胸の十字架と、∠RECEIVERとTHE DAYに誓って、そして好きな人たちみんなに誓って。Good luck to you!