人生のスタンプラリー

人生のスタンプラリー認定協会埼玉支部

武道館は聖地になったか?僕とKUROFUNEの個人的な話


ドリフェス!武道館から1週間経って、お部屋を整理して、思うこと。ツイートしたものを整理して追加。あらゆるクレームを受けません。

 

f:id:bookmarker35:20181028181235j:image


KUROFUNEは僕にとってはじめての「アイドル」。
音楽が好きだし本が好きだし、たくさん好きなものはあるけれど、こうやって「アイドル」を好きになって、「アイドルのファン」になったのは、はじめて。
そしてそのアイドルが「5次元」なのも、まぁこれは最初で最後だろう…笑

たくさんのはじめてを捧げてきた(奪われちゃった!)。
はじめての俳優さんのトークイベント、はじめてのハイタッチ、はじめてのぼっちゲーセン。はじめての痛バ、そのためのグッズの箱買い。部屋をあんなにしたのもはじめて。ロックバンドってFC会員限定ライブはあってもファンミーティングはないから、ファンミもはじめてだった。実は何かを「全通」したのもファンミ03がはじめて。全部の公演行くって冷静になったらまぁまぁクレイジーなんだけど、何かが僕にそれをさせたんだよね。大阪は遠征じゃねえし(?)。
サインも、お花出すのも、ましてフラスタの主催なんかするの、全部はじめて。
そしてはじめての「終わりを共に勝った」アイドル。

ライバルユニットだってわかってても、ディアドリとの扱いの差にひとりで悲しくなったりしてた。
自分の応援が足りないからDDみたいに推してもらえないんじゃないかって本気で泣いたこともあったし、いまでもFV/WNWのMVがないことがとても悔しい。宣伝だってもっとしてほしかった。
それを嘆いてたら、フォロワーさんが、あんまりメイン以外に運営が力を注ぎすぎることで起きるトラブルもあるから、あんまり思いつめないで、って優しく伝えてくれて(ありがとうございましたマジで)。
ってことはさあ、逆に言うと、Rになって活躍が増えたり、グッズが増えたり、ましてホストとしてBattle Liveをやらせてもらえたのは、僕らの力ありきなんじゃないかと思うんです。
言葉を変えるね。
僕ら「KUROFUNEファンの応援が、彼らの活躍の場を広げた」んだと、思わせてほしいんだ!
もちろん全てファンのエゴなのだけれど。
でも、自分にできる全力の応援は出し切ってきたって思ってもいいよね?思う。

彼らに恥ずかしくないような応援が送れていたか、自信はない。その自信のなさに武道館の直後にハッとさせられてしまって、悲しくなってしまったんだけど、それはそれでいいのかな、と思って。自信はないけど、後悔もないもん。やりきった。そう言えるから。
僕は僕にできるだけのことを全部した。
それで足りなかったなら、しょうがない。

ワンマンライブツアーとか、彼らだけのフォトブックとか、もう言い始めたらきりがなくて、でも、武道館で見た「5次元アイドル KUROFUNE」は僕の中できっとずっと大きな宝物だから。
KUROFUNEとの出会いと捧げてきた時間と愛を誇りに思う。思いたい、というか、思うことに決めた!

だって僕はWhole New Worldに、図らずも死なせてもらい損ねたから。
もともと強い希死念慮が自殺衝動に悪化して、うつ病が重なりに重なって、22日の朝が万が一きちゃったら死んじゃうつもりだった。エンディングノートも仕上げたしその中には大事な人宛の手紙も書いて挟んであったんだけど、なんか思いがけず。
KUROFUNE版∠RECEIVER、と勝手に思って、自分の中の本当に大事な、核にしているWNWを武道館で聞いたから、飛び込むはずの電車の路線の前で、それがぐるぐる頭から離れなくて、聴いて噛み締めてたら、なんか、死ぬ前にやりのこしたことリストの中から二重線で消したはずの∠RECEIVERになるをもう一回書き直してしまったから。生き延びてしまったから。そのための責任を、取らせたいんだよなあ〜〜!笑


これからも勇人さんと圭吾さんのお歌を聞いて、たくさん誰かのもとへ言霊という愛で襲来できるようになりたい。これからも俳優としてキラキラの道に進む戸谷さんと株元さんを応援したい。足りないってまた悩むかもしれないけど。
1週間かかって、今はそういうハッピーな愛に襲来されてます!幸せ!

……というわけで。

 

KUROFUNE My Room Series
Complete!!!!

f:id:bookmarker35:20181028181040j:image
f:id:bookmarker35:20181028181036j:image
f:id:bookmarker35:20181028181100j:image
f:id:bookmarker35:20181028181046j:image

f:id:bookmarker35:20181028181056j:image

 

もちろん飾れてないもののほうが多いし、これだけじゃないんだけど、こんなにこんなに素敵な4人を応援できた、ハンサムのあの日から今日まで680日、そして明日も、僕の勝ちです!

 

f:id:bookmarker35:20181028181111j:image
f:id:bookmarker35:20181028181104j:image
f:id:bookmarker35:20181028181132j:image

 

5次元KUROFUNEありがとう、4人が大好き、僕にとって初めてのアイドル!明日にいきたくなんかないけど、でも、明日のことを考える基礎体力をくれて、ありがとう。

生かされてしまった今、生きるためのキッカケになった地は、僕にとって聖地になりました。

武道館は好きなバンドでよく来るけど、聖地という印象はない、果たしてこれから聖地になりうるか、というブログを3/5のあとに書いたけれど、僕にとってドリフェス!、KUROFUNE、そのラストステージを共に「勝った」武道館は、聖地です。聖地になりました。

まだ言い足りないよ!5次元アイドルKUROFUNE、ありがとう、大好き!!

 

f:id:bookmarker35:20181028181258j:image


蛇足。
これは僕が言うべきことではないんですけど、戸谷さんも株元さんも、ドリフェス!で新規ファン掴めてほんとよかったな……って思う。古参の方のお気持ちはわからないけれど…。彼らのキャリアのためにも、たぶんそうだと思うし、なにより僕自身が彼らのファンになれて嬉しい。ドリフェス!のおかげ。本当に出会えて嬉しい、素晴らしい演技する人だなと思うので。
だってアラサーの若手(若手?)俳優って新規ファンつけるの普通に難しくない…?しかもストレートの俳優さんが(1人は劇団員が)、声優とかミュージカルとかに活躍の場を持てるようになるのは、並大抵の話ではないのでは…?と思うのだけれど。いや若手俳優詳しくないし知らんけど。
なによりほんと、僕自身が彼らのお芝居に出会えてよかったなあと思います。好きなものはいくつあってもいい。武道館終わったらこの気持ちどうなるかなあと思ってたけど、はたらく細胞も劇プレもふつうに楽しみw出会いをくれたドリフェス!に感謝だなあと。

僕らがしぬほどKUROFUNE課金したおかげで戸谷さんと株元さんの活躍の場が広がったり、事務所の中でも抜擢されたり、変な言い方だけど客寄せパンダ的に使う価値があると思ってもらえたんだとしたらそれはすごく嬉しいし、なにより歌とか声優とか、とにかくいろんなチャンスを増やせたなら、嬉しいし、それができたよな!!それくらい頑張って応援したよな!!って自分に向かってめっちゃ頷きながら追加でうちわポチってる。これボーナス一括で完済できんのか?(?)
もちろんね、うん、現実の厳しさはわかってますが!!!!!そんなに甘くないことはわかってますが!!!!!!!(CD売り上げで全てが変わる音楽班育ち)
これからもたくさん活躍してくれるといいなあ……

同時に、まぁこれも僕が言うことではないけれども、DD5人もほんとにおっきいチャンスをつかめたんだなあと思う。将熙くんソロカレンダーおめでとうだし、みんなこれからキラキラの道を突っ走ってくれよな。あの青春を共にしてしまったから、応援せざるをえないよ。愛おしいもの、ディアドリ。
武道館越えるまではなんか気持ちがそわそわしてたけど、ふつーにひとりひとりが愛おしいなぁと思うし、ダブマスには特にこれからも2人で歌う場所があったらいいなって思うけど、そのためにも!愛おしい子たちの活躍の場所を見に行きたいなあと思う。ので、舞台のチケット買います…笑

……冷静に考えて、終わっちゃうのさびしい気持ちを受け止めてくれて、でもここまで来たのは自分たちの力なんだ!って伝えてくれて、その掴み取ったもの、出会い、全ての絆に誇って明日もイケるっしょ!って言ってくれるコンテンツ、オタクへの福利厚生がすごすぎるよな。しかもチケット買う気になったからな……笑

KUROFUNEへの愛を自分用忘備録

KUROFUNEへ、愛を込めて!ツイートを自分の記録のために。


f:id:bookmarker35:20181027223528j:plain


 



そしてCRも揃えられて嬉しい!


お花も出せたしね!!!

個人のと、主催のと、主催の!


f:id:bookmarker35:20181027223049j:plain


f:id:bookmarker35:20181027223244j:plain


f:id:bookmarker35:20181027223321j:plain


あとちょっと覚えがき。


変な話だけど、DDくんたちがやっと、ふねのおたくとしての「ライバル」じゃなくなったから、素直に応援できるかもしれないな。笑

ダイアリー 18/10/26 僕だけのドリフェス!はじまります!

 


http://bookmarker35.hatenablog.com/entry/2018/10/25/190918

……、と、昨日はここまで更新したんでしたっけね!相変わらず死にてえ〜!僕です!おはようございます!

相変わらず死にたいのですが、狂いまくっていたコンパスの針がやっとまともな方を指したので、あ、と思って。
やっぱり好きな人の持つ言葉の力は大きいのですね。

武道館終わった瞬間の自分の愚かな言動のせいで、彼らが示していた感謝を裏切るようなことを思っちゃって、そんな自分が最悪だなって思ったんだよね。もう一直線、死にたいモード。
と同時に、僕が今まで発してきた軽率なことばやコメントで傷つけてきた人なんか無数にいるんだろうなとか、その人たちの中には僕が好きだからとか僕がこう言ったからを理由にド!から離れた人もいるんだろうなと思ってしんどいなーーーってなってて。自分が嫌われるのは別にいいんだけど。

ツイッターの垢消ししたりなんやかんやで各位からご心配いただいて、「良い意味でしおりの言葉にそんな影響力はないから」って言ってもらって、気は楽になったし知ってるけどわかってるけど、それもやっぱ、諦めきれてないから悲しくて、ドリフェスのこと考えたいのにぜんぜん考えられなくて。
そこで別の好きな人からまたいろいろ好意の言葉をかけてもらってすこしずつ回復してたんだけど、そこに仕事のクソ案件が連発して…もううちの職場からなんとか脱出したい。
そんでもう無理だなあって思って昨日飛び込み未遂して駅員さんに怒られて、あーって思ってて、結局僕は自分がなりたかったものには、∠RECEIVERとかWNWにはなれないまま死ぬんだなあって昨日オーバードーズしながら考えてた。
今朝もぼんやり生きてて、仕事はクソで。

クソすぎて嘔吐しながら(汚いなごめん)気を紛らわせたくて必死でツイッター開いたら、めちゃくちゃ好きなフォロワさんのとみー論がふぉろわさんのふぁぼで出てきて、

「推測に過ぎないけど、そうしたほうが生きやすいとかではなく単に、そうなりたい、そう見せたい、と思って明るく居るんだろうと思う、これまたラジオだったか、新しいクラスで最初が肝心と言って、真っ赤(かな?)なパーカー着ていった!って話を、やっぱり笑いながらしていて、なんて凄いんだと感心した」
「それはかれの何気ない言葉の端々にいつもあって、私は夢中で聞いてしまったものだった 「変わってるねって言われたいの」って本当に変な人は多分言わないし、ポジティブで太陽を自称し、「楽しみの共有グセがすごい」「ピーターパン症候群だから」かれのイメージはどんどんその通りになってしまった」

https://twitter.com/chak_tkk_/status/1055433175743119360?s=21
https://twitter.com/chak_tkk_/status/1055433183888531456?s=21

…っていう、この言葉がとても響いて。

僕もツイートで言及したんだけど武道館のとみーのMCは本当にすごくて泣いてしまって、ああこの人が純哉くんで本当に良かったと震えたのだけれど、同時にここまで深くは考えてなくて、本当にはっとして。

僕の尊敬するティンカーベルの言葉に「嘘を本当にする、それになったつもりで振る舞い続けていればいつかそれになれる」「偽物はいつか本物を超えられる」みたいな言葉があって、それは1つの僕の初心でもあって、ああそれを忘れてたんだな、とだからわけわかんないところでわけわかんないプライドに邪魔されてたんだな、つまるところ邪魔されるべきでない維持や恐怖、無視しても良い瑣末なものばかり見てしまっていたのだなあと、そんなふうに思って、というか思うことができて。
なりたい自分になるために、なりたい自分として振舞うこと、とみーのあの明るさや思考の柔軟さ、満ち満ちた愛のすべてが、彼の生まれ持ったものであるとは限らない、つまり彼が後天的に己の努力によって手に入れたのだということ、
そして純哉くんも、サイコー超えるアイドルになるために、サイコー超え続ける努力をしたから、いま武道館で三神さんのバンドをつけてソロを歌えていること、なりたいものになる、と、言葉を選ばずに言えば「俺はサイコー超えたアイドルなんだ」と自分で語り、他人に信じさせ、自分で自分を騙し続ける、そうやって手に入れた「ホンモノ」は、本物を凌駕する日がくる
のだなあ、と、先のツイートを見て思うことができて、…思い出すことができて、の方が正しいかな。

僕も初心に帰って、自分がなりたいものとは何か、自分がどうありたいのかをちゃんと見つめて、それらと丁寧に対峙して自分に嘘をついて、それそのもの、いつかほんものになりたいな、と、思えたのでした。

ここからは前のブログの繰り返しになるんですけど、

誇ってもいいよね、僕がドリフェス!に、KUROFUNEに懸けてきた、捧げてきた青春の大きさと強さは、そこにある(あえて現在進行形)の愛は本物だと思っていいよね。いまだにある、自分の応援と愛への自信のなさはどうしようもないけど、できることはやったよね。
僕はまだ∠RECEIVERにもWNWにもなれてない。せめてそのふたつに面と向かって向き合えるようになるまでは、僕はあなたですとその二曲に言えるようになるまでは、なんとか、なんとかうまく、自分をホンモノに仕上げるために日々を積み重ねていかないといけないんだな、と。
もう生きたくない!けど、∠RECEIVERとWhole New Worldになるまでは死ぬことの許可も僕には下りないし、自分にそれを許すこともできない気がする。よほどのことがあれば別だけど。
しかも愛で襲来ってなんだよ抽象的すぎてなにしたらいいのかわかんねえよ。起こりうる出来事から逃げない∠RECEIVERみたいなもんか。それなら言語化してあるわ、みたいな。
毎日死にたくなるし死にたいし死にたくてたまらないけど。あの二曲に向かえるようになるまでは、僕の死ぬ前にやるべきことリストは消えない。
∠RECEIVERになるっていうのだけ、達成できなかったのを甘えで死ぬまでにやるべきことリストから二重線引いてたけど。書き直すほうの道を選んでみようと思います。

WNWを主題歌に、彼らが残してくれた「イケるっしょ!」をキーワードに。KUROFUNEのように「愛で襲来」して、「人を笑顔にさせるものを手渡すことができる」ように。そのためには間違ったものを渡すことを恐れていてはいけないんですよね。何度も殴り合って初めてわかるもの、いま僕は絶賛河原で自分と殴り合っているんでしょう。きっとそれが∠RECEIVERになるためのひとつの試練なんでしょう。

エゴまみれの言霊の花束から一輪あなたに手渡せるようになりたいし、起こりうる出来事からは逃げないし、誠実を尽くせる人でありたい。自分を幸せにならなければいけないのだとは、まだうまく思えないけど、両手に抱きしめられるものだけは愛していけたらいいなと思う。

ティュインティュイン……
目指すは、愛で叶える夢のステージ!
俺だけのドリフェス!3rd シーズン、はじまります!

http://bookmarker35.hatenablog.com/entry/2016/09/01/005212

 

飛び込む直前に鬼電してくれたきみ、責任とってね。生きていてくれてありがとう、と僕に言った人、近々会ってくれなきゃいやですよ。

ダイアリー18/10/25


俺だけのドリフェス!3rd シーズン、始まります!(シャランラー)

自殺衝動とうつ病が掛け算された結果、武道館終わってから死ぬつもりでエンディングノートから遺書から見事にぜんぶ準備してたし、代行関係も人に依頼してたし、いっそ見事なものだったと我ながら思うんですよ。
武道館が終わった直後に自業自得で抱いてしまった罪悪感と、めくるめく自殺衝動と、でも頭をぐるぐるまわるKUROFUNEの楽曲が、Whole New Worldが、僕を飛び込ませてくれなかったのだけれど。
自分の不誠実さとか軽率さとか、いろんなものが頭をよぎり続けて、嘔吐しっぱなし、楽しかったことが1つも思い出せずに、ドリフェス武道館を悲しい気持ちで終わらせるところだった。あやうく。完璧に自業自得なんだけど。

「そのとき誠実さを欠いてしまってごめんなさい、だけど、罪悪感を持ちつづけるのも誠実さとはまた違うものですよね」

好きな人がいるのだけれど、その人から、死ぬつもりだったってどういうことだ(意訳)というラインが来たところ話にはじまり、ぐるぐるいろんな話をして、ひとつのコンパスのような言葉をもらえた、と思う。

僕は頭がちょっと悪いので、平均的には一晩から数日で凪ぐと言われる喜怒哀楽のうち顕著に哀だけが、冗談抜きで1ヶ月くらい自責となって体に脳に引っかかり続ける。腕を切る習慣がなくてよかった。あったらずっと切ってそうだ。
いまもそれは抜けていないんだけれど。

何度も言っている、自分の理想としている∠RECEIVERになることを、僕は一度諦めた。そりゃ遺書揃えるくらいですからね。死ぬ前にやるべきことリストのいちばん上にあったそれに、二重線を引いた。
でも武道館終わって、なんかうまく死ねなくて(わざわざ2パターン用意してた死に方のハウツーが無駄になってしまった)、頭の中でこだまするとにかくいろいろとWNW聞いてたら、いろんな悲鳴とかもあったけど、とりあえずまぁ、現状生きてるんですよね。ちなみにめちゃめちゃ死にたいですなう。

でも武道館終わって…みたいなちょうどの区切りを喪失したいま、踏み切るための口実、あるいは許されるための大義名分、みたいなものがなくなってしまったので、踏み切るに踏み切れず。
……ってここまで書いて、仕事の休憩時間終わったので、仕事して、職場でいろいろあってまた飛び込み未遂しました。またというか22日の朝は飛び込み未遂もできなかったんだけど未遂したら駅員さんに止められて怒られた。そりゃそうだよな。すみませんでした。人に迷惑かけない死に方教えてください。

センター様が、「誇っていい」と言ってくれた、イケるっしょ!でしめてくれた、しかたないよ今日だって生きてる。イケるっしょ!されたのはドリフェス!になった僕らでもあった。OP曲とED曲を理想に掲げる2曲にして、死ぬまであと少し、僕だけのドリフェス!3rdシーズンを生きていくんだと思います。なんかもっと前向きな気持ちだったんですけどダメですね。さよなら。

 

ダイアリー18/10/22 「昨日」にとっての「明日」


ほんとに記憶がなく昨晩は寝てしまったんだけど、そーまの言うことは?ぜったーい!だからとりあえず昨日の明日である今日は生きないとなと思って出勤してて、でも死ぬつもりの気持ちで21日までにぜんぶ片付けたから、なんか生きながらえてしまったなと呆然としてる。飛び込む予定の電車何本か見送ってしまったよ。

昨日の夜シンプルに猛省するような出来事があって、布団の中でやっぱり死ぬべきなんだなあって思ってて、準備はできてたしいいか、って思って。
いま電車の中で昨日の写真見ながら、あんなに幸せ120%で楽しかった後でも最高なライブの記憶よりちょっもしんどい記憶の方が強く頭にインパクトを残す脳のシステムしんどいな〜などと思ったりもしてるんだけど、思ったけど、でもあの幸せ120%のライブも絶対絶対だいじで特別な記憶で、誰かがMCでこれを糧にしてつらいときは思い出して、みたいなこと言ってたのを、いままさしく噛み締めながらWNWのこと考えて頭の中の景色をぎゅーって抱きしめてる。
ちょっと耳にきてしまってるからイヤフォンで音は出せないけど、WNWは、「愛の襲来」って言葉は、今後の僕を象徴するひとつの曲とキーワードになっていくのではないかと思う。というか、なってほしいというか。ほんとに死んじゃうつもりだったから21日までに全て片付けたのに、「好きな人全員に愛で襲来する」ということが死ぬ前にやり残したリスト一行目になった。あーもーふざけんなよ、ふざけんなよ。駅でWNWのこと考えてたから、KUROFUNEが今朝電車に飛び込ませてくれなかった。「これからの自分」について考えてしまった。10/22なんてこないと思ってたしきたらその日に終わるつもりだったのに、「これから」って。これからの自分について考えてしまった。これから生きていく上で、の話。死ぬんじゃねえのかよ。そしたらなんか震えてしまった。ドリフェスが与えてくれる「あしたへ連れてってあげる」ってこれなのかな。

……いや、割とマジで死ぬつもりで身元わかるものとかカバンのわかりやすいところにも財布にも入れてたし机の上にエンディングノートも堂々と置いてきちゃったよ。

でも誇ってもいいよね、僕がドリフェス!に、KUROFUNEに懸けてきた、捧げてきた青春の大きさと強さは、そこにある(あえて現在進行形)の愛は本物だと思っていいよね。いまだにある、自分の応援と愛への自信のなさはどうしようもないけど、できることはやったよね。

僕はまだ∠RECEIVERにもWNWにもなれてない。せめてそのふたつに面と向かって向き合えるようになるまでは、僕はあなたですとその二曲に言えるようになるまでは、なんとか、なんとか生きていかないといけないんだな。バーカ!生きたくない!でも∠RECEIVERとWhole New Worldになるまでは死ぬことの許可も僕には下りない。そういう気持ち、いま。
しかも愛で襲来ってなんだよ抽象的すぎてなにしたらいいのかわかんねえよ。クソ。わかんねーけどやってやるよバーカ!!!!!みたいな。なんだろうこの胃からふつふつくるかんじは。∠RECEIVERとWNWについてちゃんと言語化するにはもうすこし思考に落としこまないとだけど。あー!とりあえず今日生きる!毎日死にたくなるし死にたいし死にたくてたまらないけど。あの二曲に向かえるようになるまでは、僕の死ぬ前にやるべきことリストは消えない。
∠RECEIVERになるっていうのだけ、達成できなかったのを甘えで死ぬまでにやるべきことリストから二重線引いてたけど。書き直す。

好きな人への手紙とかエンディングノートに投函してくださいってぜんぶ挟んできてしまったから今夜捨てよう。遺書送るわけいかないからな。

さて、仕事です。

とりあえず今朝。言語化は、またゆっくり。

 

ダイアリー 〜18/09/22 死ぬのが人生の最適解としか思えない

 

うつ病PMSが掛け算されて最悪な気分だ。死にたいとても死にたい。職場でカッター使うときは隣に人にいてもらうようにしている。腕を切らないように。管理職にはうつ病なの説明したけどたぶん伝わってない。心療内科の医者も僕のこと持て余してると思う。
僕は僕に一番甘いんだと思う。
うつだから、ADHDだから、ASDだから、と多少のことなら許されるようなカードを持っていて、意志が強ければそれらを封印してきちんと生活するんだろうけど、僕は甘いから、自分を投げやりにしてしまう。知らねえよ、僕のことなんか。僕のやったことで人に迷惑さえかからなければいい。未来に約束がされるのが怖い。誰かの邪魔や迷惑になりたくない。生きているのが怖い。
僕が全て悪いのに、付き合わされる友人も恋人も被害者だと思う。

僕は生まれ落ちた罪によって生き残る罰を背負わされた瞬間から、ずっと加害者だ。
誰に対しても。
罪人のくせに、と思う。
死んでほしいと思う。
こじれきっている自意識をなんとかできないものか、ずっと唸っている。
いい年のくせに気持ち悪いでしょう。
死ぬと迷惑かかるからさ、消えたいよね。みんなの人生からまるごと。


自分が何に飢えていて、自分が何にこじれているのか。120%愛されて甘やかされたい、なんてそれは責任から逃げたいのと同じだ。なんの責任も負いたくない僕が∠RECEIVERに胸を張れるわけもなく。
僕はどうなりたいのか。
できるなら今夜死にたい。
でも取引の約束してる人からしたら迷惑だよね。死ねない。死ぬのも許してもらえないというのはなかなかつらい。でもそれも年内までだ。
もう来年以降のチケットとるの、やめようかな。

 

 

ダイアリー 18/08/12 〜デデデイ楽しかったの日記

 

劇団プレステージ13回本公演、ディペンデントデイ、通称デデデイ!めっちゃ楽しかった〜〜!!!推しの殺陣をたくさん見た夏だった!!!!!いやまだ夏終わってねえけど!!!!!

以下、ツイートしたことのまとめも兼ねて簡単な覚え書き。千秋楽終わったのでネタバレ含んでます。レポじゃないからクレーム受けないよん。
ほんとにもっと通いたかった!株元さん好きすぎて頭飛んでしまいそうだった。推しという存在は偉大だ。


☆演出と風間由次郎さんの話

まず第一に、オープニングのかっこよさの話ししていい?あれすごい。あの布は「人を縛る」とか「がんじがらめ」の象徴なのだと勝手に思っていて、それを「誰か」が破ることで物語ははじまる。それは「依存」という「支え」の対象が「失われた」ことを示していて、すなわちリョウを失った瞬間のだいちゃんを暗示しているのかな……と思ったり。それを思って見たら切ない。でも喪失と回復は紙一重だな、って思わせてくれる舞台でもあるよね。

僕オーバーリングギフト大好き芸人なんですけど、それは少なからず自分が地球ゴージャス(寺脇さんと岸谷さんのアミューズ劇団みたいなの)が好きで、それをたくさん見て育ったからだと思ってるんですが、ゆじろさんももしかしなくても地球ゴージャス育ちなんだな、って今回確信しています。のちの物語のキーになる(そして核心である)イントロ、誰だかわからない「誰か」によって色付けられるオープニング、トドメを刺すかのような迫力のエンディング。ぜんぶ、ビンゴ!
ていうか、まずそーまが赤で太田さんが緑なことでもう100点w
あと、過去と現在を交差させる部分がもうすこぶるうまい!脚本の素晴らしさはもちろん、現実(メインステージ)から離れたところで最初の記憶を、最近の回想になるに従って現実たるメインステージに近づいてくる演出。遠くから近くへ。それをシブゲキというさほど奥行きのない舞台でつくりあげることのすごさ!

エンディング、もう言われていることだけれど「柵をなぎ倒して」出てくるのかっこよくない?????あの先頭に立つ株元さん好きすぎてどうにかなるわ。


☆太田将熙さん、石原壮馬くん、それからちよっとしたぼんやりしたあこがれ

太田くん あのイケメンにこの役させるのは劇プレならではだよなー!って思いつつ、俊敏な動きや長い足が目立つシーンも多くて本当に素敵!なによりあんな「ありえない」役柄を演じ切ってくれるところ、信頼できる。
あたっくと片想いを見て、(当時の)ダブルマサキに夢を見るブログを書いたけれど、だんつらとデデデイを見て、その夢叶えてもらってるなって思う。2人ともどんどんカッコよくなって、演技が魅力的になって、どんどん目を離せなくなる。オタクに夢みさせてくれてありがとう、ダブルマスカット。

石原くん。
どうあがいても最高じゃないですか!?超はまり役だし石原のオタク全員来てほしい!てかぶっちゃけ毎シーン毎シーンで「そーまってこんなに芝居うまいんだ!?」っていう(失礼だけど)感動をする…
かおるくんのだんつらでも同じこと思ったけど、石原くんのあのお芝居見たら、これ推してる人幸せだろうなって思う。将熙くんもだし、とみーもだしみぞたくもそうなんだけど、こんなに「進化の過程の目撃者」になれるんだよ、ふつうに羨ましいわ!まぁ負けてませんけど!笑

☆まなるさんの女子役天才すぎたし、後半、毎日自由にネタぶっ混んでくるのがまじで面白かった!!!!
太田さん見て「イケメン」って言ったり、階段から降りながら「とんとんとんとん♡ひののにとん♡」って言ったり、お風呂あがりに紅とかタッチ歌ってたり…wwww
千秋楽かぶちゃんに惚れてガチ(?)チューした瞬間ほんと腹抱えて笑ったwwwwww
ありーさんもなんだけど、「飛び道具」的でありながら、妙に地に足がついてて好きだった。ただ飛び道具で面白い、だけじゃなくてちゃんとキーになってくる役だったし。


☆株元英彰さんのお芝居だいすきおばけ

マジでマジでマジで株元さんの演技が好きすぎてなんで全通せめて前日じゃないのかと自分ばかなんじゃねえのかと思う。好き、好きすぎる。
まずさあ〜冒頭のさあ〜無邪気で可愛い「だいちゃん」からフード被って「リーダー」になる瞬間がさ〜もう芝居バケモノじゃーーーーんって思う。あの時点でもう好きじゃん????
ほんとにリョウちゃん、っていうワンコモードなときとリーダーのときの演技の幅がすごくて感動する。表情も、手をぐーにしたり踊らせたりするところもぜんぶ違う。でも同じ人、っていう、あのお芝居はすごい。あと「声」がすごいよ。キャッキャって声も、ドスの聞いた声も、絞り出すような声も、ぜんぶ無理なく出てて、ぜんぶリアル。前も書いたけど株元さんの演技ってとてもリアルでなまなましくて、「わかる、こういう人いる」とか、「僕も同じ立場ならこうなるかも」って説得力がとてもあるから、目が離せない……っていうか吸い込まれてしまう。
一番最初にディペンデントに対して「クズ」って言ってたの、自分に向けてでもあるんだよな、きっと……。

ツイートもしたけど、あの人ほんとーーーに泣くのうまい。そりゃ特技欄にも書くわ。リョウちゃんが死んだ、って新聞破るところでも頰に垂れてたし、最後の大臣追い詰めるところなんか鼻水垂らしながらズビズビ泣いてて。何がすごいって、「どんなに泣いててもセリフが明朗」なところ。泣いてるからセリフが詰まる、なんてことがないところ。役者魂、って思うし、ただ泣くだけの演技をできる俳優なら多分たくさんいる中で、彼のこういう部分はすごいな、って思う。もともとの声がいいこともあるし、ほんとハマり役……。っていうか、株元さんって女性役もできるし役を選ばないよね!どんな役やっててもハマり役。今回も本当にだいちゃんを心に住まわせて、よーく相談して、いろいろ試して、だいちゃんと共同戦線張って舞台に立ってるんだろうな。かっこいいよ、本当にかっこいい。大好きだ……。


☆KUROFUNE推しのぼやき

これは余談(蛇足)だけど、僕よく戸谷さんの演技を「こんなやついねえよ、っていう役が本当にいるような気になる、実在性を与えるのがうまい」って言うのだけど、株元さんとそこも対だなって思う(シンメ厨並みの感想)。とにかくなまなましくて、ドロドロして、きれいなだけじゃない、それこそ上澄み以外までガッツリ飲まされる(戸谷さんの演技が上澄みと言いたいわけではない、もちろん。むしろドロドロも飲まされる)、そういう演技。2人に共通して言えることは「尋常じゃない中毒性がある」ことだよ。
だって自慢じゃないけど僕そこそこほんとに名だたる名優たちを生で見て育ってきてるはずだし、ピュアに「うまさ」だけで言ったらこのふたりがぶっちぎりではないわけだよ!そんなんそりゃ市村正親と並べてどっちがうまいかってそりゃ市村さんよ!何回見たと思ってんだよ市村さんを!(母さんがファン)。だけど、そういう理屈を超えて「すき」って心ふるわせられる。ふたりの役者さんに出会えたことに感謝です……。
ふたりとも爆売れして……………
いや、ここ最近ほんと名だたる俳優さんの素晴らしい舞台をいくつか見たし、なんなら子供のときから親の影響でたくさん名作を見て育ったけど、「推し」に叶うものってないんだなって……この人のお芝居が好き、これが観たかった、そうやって震えられるの、幸せだなって。
戸谷さんと株元さんに感謝だなと……

そんな夏。